TOP >吟醸いりこ(煮干し) >食べる大羽いりこ(伊吹いりこ) 2019新物

TOP > おすすめ

「2019年 新物いりこ」を入荷しました!
新物いりこは濃厚さがさらにアップ!
脂っぽさのない、すっきりとしたうまみがあります。
渡海屋 × 食べるいりこ
そのまんま、食べる、頭もぜんぶ、まるごと。
渡海屋のイリコだからできるその食べ方には秘密があります。
その秘密を教えましょう。

詳しく見る簡単レシピ商品カートへ


渡海屋のイリコ
「まるごと食べるいりこ」の真実
イリコは出汁をとるもの。頭と内臓を取ってから使うもの。
そういうものだと思っていた人もきっと多いと思います。
これまでのイリコはそうかもしれません。でも、渡海屋の「食べるイリコ」は違います。そのまんま、頭も食べるぜんぶ、まるごと。
選び抜かれたイリコだから出来る食べ方。そのおいしさの秘密をお教えしましょう!
もっと、イリコのある暮らしを!
※お客様のお好みで頭や内臓をとって頂いても構いません。



おいしいイリコの秘密
選び抜かれた」イリコのおいしさの秘密を教えましょう!イリコの生態や育った環境と完成するまでの工程を知れば納得!だから渡海屋のイリコはまるごと食べてもおいしいんです。


イリコの生態・育成環境
カタクチイワシ
伊吹島を中心とした瀬戸内海でとれたイリコを使っています。瀬戸内海は塩分濃度が低いため、身が柔らかく出汁が出やすい特性があります。
またイリコの原料となる「カタクチイワシ」は、夜の間は海底でじっとしていてエサは食べない事から朝早く獲れたイワシ「腹ペコイワシ」は雑味が少ないです。

伊吹いりこ 網元一貫製造
伊吹島 いりこ漁
伊吹島はイリコの好漁場に非常に近いエリア、そこで漁獲されたイリコは、すぐに網元に届けられ釜茹でされ乾燥機にかけられます。このスピーディな作業が鮮度保持に欠かせないのです。原料となるカタクチイワシ本来の品質(脂分・雑味)は自然の物なので加工技術ではどうすることもできませんが鮮度の管理は網元の長年の経験に裏打ちされた技術力で可能となります。

伊吹いりこ 2段階選別
まず市場に集まった伊吹島すべての網元の物から状態の良いものを厳選。その後自社に持ち帰り手作業でさらなる選別をかけて袋詰めを行います。
まずは市場に集まった伊吹島すべての網元の物から状態のいいものを厳選。
1段階目の選別で1番重要で気が抜けない作業。「見た目・香り・味・感触」を丁寧に確認し長年網元としてやってきた経験から朝獲れであろうと思われるイリコを探し出す。その後自社に持ち帰り熟練の職人がすべて手作業で2段階目の選別をかけて袋詰めを行います。

伊吹いりこの保管方法
販売するまでの保管方法は酸化を防ぐために冷凍保存を徹底しています。


おいしく食べて健康に


まずは、そのまんま食べてみてください!

商品を見る


まずはそのまんま食べてください!
今まで食べていたイリコとは違う

イリコ出汁


自然派のお母さんに、お子様のおやつとして
お父さんには少し炙って健康的なおつまみに
味のわかるおばあちゃんには天然だしとして

お出汁に


美味しく食べて健康に!「健康食材としての食べるいりこ」


完全無添加・完全自然食品


日本人の成人1日当たりのカルシウム摂取量は、600mg〜800mg。
これに対して実際は500mg程度しか摂取していません。
摂取量の基準に毎日100唹幣紊睇埖しているということです。
カルシウムが不足すると骨からどんどん体内に溶け出していきます。
この事はカルシウム不足が気になるお年寄りや育ち盛りの子供、
妊婦さん達だけの問題じゃなく日本人すべてが積極的に摂らなけ
ればならない栄養素です。
体に良くてもいりこは苦いし生臭いから苦手といった方にも食べや
すいようにしっかり厳選してありますので大丈夫です。




いりこ 簡単レシピ

驚きのさくさくイリコ


❶ いりこを重ならないようにお好きなだけお皿に並べます。
❷ オリーブオイルを回しかけます。
❸ 電子レンジで1分加熱してください。
❹ 熱を冷ましてからお召し上がりください。驚きのさくさく食感がお楽し
  みいただけます。



パリパリチーズいりこ


❶ クッキングシートに食べるいりこを重ならないように並べてピザ用チー
  ズをふりかける。
❷ お好みであらびき胡椒やバジル・オレガノなどをふりかけ電子レンジで
  約2分加熱。
❸ 冷めるとパリパリのいりこスナックになります。



田作り風パリパリいりこ


❶ いりことクルミを耐熱容器に入れて電子レンジで1分〜1分30秒加熱する。
❷ でつの容器に砂糖:醤油:みりんを約1:1:1で混ぜ合わせ電子レンジ
  で泡立つまで加熱。
❸ ❷が冷めないうちに❶と絡めて熱を冷ましてお召し上がりく
  ださい。
❹ 驚きのサクサク食感の田作り風いりこをお楽しみいただけます。



いりこの南蛮漬け


❶ いりこを耐熱容器に入れオリーブオイルを回しかけます。
❷ 電子レンジで約1分加熱。
❸ アツアツのうちに南蛮のタレ(みりん、砂糖、米酢、醤油、唐辛子)と
  薄切りした玉ねぎ、にんじん、ピーマンを絡める。




2019新物 食べる大羽いりこ(食べるにぼし)


内容量:200g
原材料:カタクチイワシ(伊吹島産)、食塩
保存方法:高温多湿を避け常温で保存
※風味をまもるため冷蔵庫・冷凍庫での保存をお勧めします。


食べる大羽いりこ(伊吹いりこ) 2019新物

販売価格 1,080円(税80円)
会員価格 1,080円(税80円)
購入数


おすすめ商品


国産アンチョビ

1,080円(税80円)


真鯛燻製

2,700円(税200円)


真鯛の干物

1,080円(税80円)


瀬戸内檸檬酢大豆

648円(税48円)


新商品

店長オススメ

初めての方にオススメ

Calendar

2020年2月
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
2020年3月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031
※青字は催事・イベント
ウェブで簡単ふるさと納税さとふる
Top