自然派のお母さんはお子様のおやつに、お父さんは少し炙ってプロのおつまみに、味のわかるおばあちゃんには頭付きのまま出汁用として

「まずは、そのまま頭から」

「今まで食べてたいりこと違う」生臭くなく後味が違う=上質なお出汁も

なぜ渡海屋のいりこはこんなにおいしいのか?



この大きさで苦みのない「いりこ」はここだけ
ぜひ味のわかる人、舌の肥えた人に食べてもらいたい




食べ方いろいろ!丸ごと味わういりこ

そのまま食べていただいても美味しくいただけますがお皿にならべて電子レンジで加熱してレモンやすだちを絞ったりハチミツをつけて頂くとお魚が苦手なお子様にも食べやすくなります。
オリーブオイルを絡めてから加熱して香草塩をふるのもおすすめ。
丁寧に選別してますので臭みや苦みの少ない素朴で美味しいいりこスティクが簡単にできます。




煮干(大羽)4〜5匹をクッキングシートに並べてピザ用のミックスチーズをのせて粗挽き胡椒(バジル・オレガノ等)を振って電子レンジ(600W)で1分40秒加熱。冷めるとパリパリになったチーズと煮干しがたまりません。
※チーズが焦げないように気をつけて下さい。




煮干(大羽)とクルミを耐熱容器に入れ電子レンジ(600W)で1分〜1分30秒加熱、別の容器で砂糖:醤油:みりんを1:1:1で混ぜ合わせて電子レンジで泡立つ位に加熱、最後にいりことくるみを絡めて完成。サクサクした田作りのようなスナックになります。
※焦げないように注意する。



煮干しを耐熱容器に入れオリーブオイルを軽く絡め電子レンジ(600W)で1分位加熱する。煮干が熱々のうちにタレ(みりん、砂糖、米酢、醤油、唐辛子)と薄切りした玉ねぎ、にんじん、ピーマンを混ぜる。


食べるいりこ

完全無添加・完全自然食品



旨さの秘密は徹底した品質管理

おいしさの秘密
徹底した品質管理とひとつひとつ手作業で
丁寧に選別することから生まれた逸品


食べるいりこ

代々受け継がれてきた目利きの技と徹底した品質管理

伊吹島

瀬戸内海に浮かぶ小さな島「伊吹島」で江戸時代末期にはすでに「にぼし」が誕生していました。以来、業者達の絶え間ぬ努力によって日本一と言われる製造方法が確立されました。
日本一と言われる所以は「一貫生産」、漁場と加工場が非常に近く、漁獲から加工まで網元が一貫して生産できるのがその特徴です。


伊吹いりこ
煮干共販所
伊吹島で製造されたいりこは一度すべて煮干共販所へ集められここで入札にかけられます。ここで仕入れするときの目利きが良いいりこをお客様に提供できるかどうかの分かれ目になります。
長年いりこの網元として一貫生産してきた当社では、伊吹島の信頼できる網元の製品の中から上質な物だけを仕入れて、徹底した品質管理のもとにいりこを知り尽くした職人達が独自の選別基準を設けて目利きしたいりこを酸化をできるだけ抑えられる最善の方法で皆様のご家庭にお届け致します。

いりこの最大の敵は酸化

無添加で加工された伊吹いりこはとても酸化しやすい食品です。
いりこの酸化はまず頭の先やエラあたりから黄色くなり次第に全体が変色してしまいます。
もちろん味や香りも悪くなります。
酸化してしまったいりこは、さびた鉄と同じとても体に良い食品とは言えなくなってしまいます。
そうなることを出来るだけ遅らすためにもいりこを出来るだけ早く‐25℃以下の低温で保存し、販売する段階では空気を遮断さすようにビニール袋で小分けするのが望ましいのです。
よく店頭で量り売り販売をしている業者がいますが見た目のパフォーマンスだけでいりこの品質は悪くなります。


銀付きいりこ

厳しい選別基準をもうけてそれに合格した物だけを「食べるいりこ」として販売しております。


※上記の写真は渡海屋「藤田水産」の物です。


美味しく食べて健康に!「健康食材としての食べるいりこ」


日本人の成人1日当たりのカルシウム摂取量は、600mg〜800mg。これに対して実際は500mg程度しか摂取していません。摂取量の基準に毎日100唹幣紊睇埖しているということです。カルシウムが不足すると骨からどんどん体内に溶け出していきます。
この事はカルシウム不足が気になるお年寄りや育ち盛りの子供、妊婦さん達だけの問題じゃなく日本人すべてが積極的に摂らなければならない栄養素です。
体に良くてもいりこは苦いし生臭いから苦手といった方にも食べやすいようにしっかり厳選してありますので大丈夫です。この事は全国の百貨店での試食販売でお客様のいりこに対するイメージをいい感じに裏切る結果を残しております。



お客様の声


●いりこも干しえびも体に良いとわかっていても、そのまま食べるのには抵抗がありました。たまたま試食させて頂いたのですがオリーブオイルをかけてチンするだけ、これがとっても美味しくてびっくり!早速家でも作り大好評です!試食大成功ですね!!

●主人とデパートに行った折に試食しましたら鮮度がいいのにびっくり美味しかったので食べるいりこを買いました。チーズいりこやオリーブいりこなど新しい食べ方も紹介してくださり早速作ってみました!干しえびやちりめん他の商品も気になります。結婚した息子や娘にもプレゼントします。

●春のフェアで食べるいりこ、干しえび、ゆでだこを購入して以来すっかりファンになりました!次回も楽しみに」しています。瀬戸内海に行きたくなりました。

●食べるいりこ本当においしかったです!3才になる娘がいるのですが、毎日「おいしー!」とパクパク食べています!こんなにおいしいいりこを食べたことがなく、私も主人もおやつの時食べてます。周りの友人にも是非すすめていこうと思いました。

●手作業でひとつひとつ大切に作っておられる事が味にもなっているのだと感激です!塩味が最高です。毎日数本ずつ大羽いりこを食しております。

食べるいりこ


「まずは、そのまま頭から」

「今まで食べてたいりこと違う」生臭くなく後味が違う=上質なお出汁も


食べる大羽いりこ(食べるにぼし)


内容量:200g
原材料:カタクチイワシ(伊吹島産)、食塩
保存方法:高温多湿を避け常温で保存
※風味をまもるため冷蔵庫・冷凍庫での保存をお勧めします。

食べる大羽いりこ(伊吹いりこ)

販売価格 1,080円(税80円)
購入数


Calendar

2017年9月
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
2017年10月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031
※青字は催事・イベント
Top