TOP >吟醸いりこ(煮干し) >食べるいりこ(かえり)

内容量:100g

原材料:カタクチイワシ(伊吹島産)、食塩

保存方法:高温多湿を避け常温で保存
※風味をまもるため冷蔵庫・冷凍庫での保存をお勧めします。

※原料の高騰により値上げしました。



食べるいりこ(食べる小魚)

渡海屋のいりこ(煮干し)は、伊吹島産の上質な物の中から見た目だけじゃなく私どもが納得出来る物だけを買い付けております。



伊吹島、網元一貫製造の伊吹いりこ

伊吹島に17件あるいりこの網元。
その網元ごとに代々受け継がれた仕立てがあり
味や風味がことなります。その中から食べて
美味しい物だけを丁寧に選別致しました。

●昔から変わらない素朴な素材に魅力がいっぱい
いりこには、カルシウムとビタミンDが豊富で
最近ではカルシウムがダイエット効果や美肌効果
も期待できると言われています。

●食べ方は簡単!食べる小魚(かえり)
ちりめんじゃこと同様に手軽に色々な料理に
お使い頂けます。
お勧めはすし酢(三杯酢も)を小さじ2杯位に
5〜6滴のごま油をたらして、食べる小魚を15g
程度とすり胡麻少々と絡めても大変美味しく頂けます。

●今だから「スローフード」を
瀬戸内の伝統的な素材の魅力を子供たちはもちろん、
消費者の皆様に食材本来の味を伝えながら、
質の良い素材を提供することに日々努力している
小生産者の作品を是非味わって下さい。

【販売期間】周年
【内容量】100g
【賞味期限】60日
【保存方法】高温多湿を避けて常温で保存
※開封後は要冷蔵、長期保存の場合は酸化を防ぐ為
冷凍保存をおすすめします。
パッチ網漁



伊吹いりことは



瀬戸内海に浮かぶ小さな島で江戸時代末期にはすでに「いりこ(にぼし)」が誕生していました。
以来、業者達の絶え間ぬ努力によって日本一と言われるブランドになりました。

日本一と言われる所以は「一貫生産」。
漁場と加工場が非常に近く、漁獲から加工まで網元が一貫して生産できるのが最大の特徴です。


お勧めレシピ

フライパンで乾煎りして食べたり酢の物、炊き込みご飯、かき揚げにすると美味しいです。

そのまま、密閉できる容器に入れ食卓台に置いておき普段からおやつとしてつまめるようにしているお客様も多いです。


お勧めレシピ
●パリパリいりこ

煮干をフライパンでオリーブオイルと一緒に炒める。
食塩やハーブソルト(香草塩)お好みでマヨネーズにつけて頂くと美味しく頂けます。
(熱々のうちにグラニュー糖をふりかけてもお菓子のようになります)


ピザにトッピング


食べるいりこ(かえり)

販売価格 864円(税64円)
購入数


おすすめ商品


塩蔵わかめ

648円(税48円)


肉厚焼き鯖

540円(税40円)


無選別新物ちりめん

648円(税48円)


うなぎ蒲焼(宮崎県産)

2,376円(税176円)


新商品

店長オススメ

初めての方にオススメ

Calendar

2018年7月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031
2018年8月
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031
※青字は催事・イベント
Top